蓄熱式レーザー脱毛の効果はどれくらい?

若い女性

クリニックでは、たいていレーザー光で脱毛します。

 

そのレーザーが肌に当たると、やや強い痛みを覚えてしまう事もあります。
「痛いのはちょっと…怖い(>_<)」という人もいるでしょう。

 

ところで、「全て」のクリニックがレーザーを導入してはいないんですね。
医療機関によっては、蓄熱方式を採用している事もあるのですね。

 

痛みが気になる時は、蓄熱方式のクリニックも検討してみると良いでしょう。
蓄熱方式は、体毛のバルジ領域という箇所に働きかけます。

 

その都合上、施術の時に激痛が生じる訳ではないのです。
「熱」といえば、熱いのかな??と不安を覚えるかもしれませんが、全くOKです!

 

確かに若干の温感はなくもないですが、特に気になるほどの熱さではありません。
イメージとしては、湯飲み茶碗です。

 

熱いお湯が入った湯飲み茶碗を、肌に当てる程度の温度になります。

 

また蓄熱方式の場合は、たとえ日焼けしていても問題ありません。
レーザーと違って、日焼け肌でも施術を受けられるメリットがあります。

 

焼いた肌でも脱毛できるのが「蓄熱式」レーザー。

夏の時期に海やプールに行くと肌がどうしても焼けてしまいますよね。
脱毛クリニックで施術を受けるなら、日焼けは要注意です。
日焼け肌だと、肌のコンディションが悪化する可能性が高いのです。

 

医療脱毛では、たいていレーザーを使った施術が行われます。
レーザーは、黒い色に作用する性質があります。。
なので小麦色の肌でレーザーを浴びると、火傷します。

 

ですから多くのクリニックでは、日焼け肌の施術はできないんです。

 

しかし蓄熱式を導入しているクリニックは、たとえ肌が真っ黒でもOK(*^-^*)
蓄熱式は、お肌にレーザー直接当てません。

 

バルジ領域という箇所に熱を加えるシステムですから、肌が何色でも関係ないのです。
しかも蓄熱方式の場合は、あまり強い痛みが生じる事もありません。

 

ほんのり暖かい程度ですし、安心して施術を受けられるという声も多いです。

 

火傷などの肌トラブルが起きたときに安心なのはやっぱりクリニック

クリニックは、万が一トラブルが発生しても速やかに処置してくれます。
サロンよりもスピーディーなのです。

 

サロンによる施術だと、たまに肌に何らかのトラブルが発生します。
ひどい時だと火傷に近いところまでの症状になってしまいますが、その時はサロンは提携病院を紹介してくれる事が多いです。

 

いわゆるドクターサポートというシステムがあって、提携先の病院で手当を受ける事になるのですね。
ただ病院が紹介される訳ですから、すぐに手当を受けられるとは限りません。
多少時間がかかる事もあります。

 

ところが医療脱毛の場合は、たとえトラブルが起きた時でも速やかに対処してくれるのです。
脱毛クリニックは、どこかの病院と提携している訳ではありません。

 

たとえ肌トラブルが起きても、自分の病院で十分に対処する事ができますから、速やかに手当を受ける事ができます。
肌に対するトラブルは、なるべく早めに対処するに越した事はありません。その点医療脱毛なら、速やかに対処してくれるので安心です。

 

セルフ処理で使うべき道具は?

クリニックで施術を受ける前には、セルフ処理をしなくてはいけません。
処理のやり方は色々ありますが、シェーバーが今のところ最良の手段でしょう。

 

自己処理するなら、カミソリや毛抜きなどの方法は一応ありますが、カミソリには鋭い刃がついているでしょう。
その刃で肌を傷付けてしまいますと、施術を受けるのが難しくなります。

 

クリニックとしても、傷付いた肌にレーザーを当てる訳にはいきませんから、断られてしまうのです。

 

それと毛抜きもおすすめできません。
確かに毛抜きを行えば、体毛自体は完全に除去する事はできます。

 

しかし毛抜きだと、肝心の毛根部分が無くなってしまうのです。
体毛の根元にある球根のような物を取り除くような状態になるので、レーザーを照射しても十分な効果が出なくなってしまいます。

 

やはり、シェーバーが一番無難です。
肌を傷付けてしまう事もありませんし、脱毛クリニックもシェーバーによる処理をオススメしています。

 

未成年の脱毛は親の了解が必須です。

医療脱毛の施術を受けている方の年代層は、とても幅広いです。
20代や40代などの大人の方々だけでなく、未成年者も施術を受けることはできます。

 

ただ未成年者の場合は、原則として両親の許可が必要です。
両親に無断で施術を受けるのは少々困難なので、注意が必要です。

 

未成年者がクリニック脱毛したいケースでは、親権者同意書を差し出すことが必須です。
その書類に記入をするのは、施術を受ける本人ではありません。
ご両親が書類に記入する必要があります。

 

両親に書類を書いてもらう以上は、やはり許可を取らなければいけませんね。
それと大抵のクリニックでは、カウンセリング時は両親同伴が原則。

 

未成年者本人が単独でカウンセリングに行っても、断られてしまう事が多いです。

 

脱毛クリニックで施術を受けるなら、ローンを組む事もあります。

 

ローン申し込みは未成年者本人ではありますが、申し込み書には親権者が書かなければならない項目もあります。
なので、両親同伴が必要なクリニックも多いです。

 

ですから未成年者がクリニックで施術を受けるなら、まず両親と相談しておきましょう。

 

アレキサンドライトレーザーについて解説

脱毛クリニックによっては、アレキサンドライトレーザーで施術を行っている事があります。
アレキサンドライトは、宝石の名前です。

 

クリニックが使っているマシンの一部にその宝石が設置されていて、レーザーの光もその石を通過するのです。
そのレーザーを体毛に照射していく訳ですが、比較的火傷しづらいメリットがあります。

 

というのもアレキサンドライトレーザーのマシンには、たいてい冷気を放出してくれる機能があるのですね。
レーザーが体毛に当たれば熱も生じますが、それもマシンからの冷気で冷却されますから、比較的安全なのです。

 

また冷気を放出しますから、わざわざ肌にひんやりとしたジェルを塗布する必要もありません。

 

ただしそのレーザーにもデメリットはあって、施術は若干時間がかかります。

 

それと体毛の濃さに左右される一面があります。
あまり体毛が濃いと、痛みを伴ってしまう事もあります。

 

しかしアレキサンドライトレーザーには美容効果もありますし、比較的太い体毛にも効果がありますから、前向きに検討している方も多いです。

 

医療脱毛体験談

クリニック脱毛を終えて3か月ほど経過した者です。
私自身、毛深いのが悩みで医療脱毛をすることに踏み切りました。

 

医療脱毛にしたのは、肌が弱く、何かあった際に医師に診察してほしいと思ったからです。

 

最初は複数社に伺い無料カウンセリングをして頂きました。
会社によって良し悪しがあるのでいいですできるだけ無料カウンセリングを実行しましょう。

 

強引な勧誘とかはないので、気楽に行ってOKですよ。

 

実際の脱毛は、前日に自分である程度体毛を全剃りして、現場で剃り足りないところは処理して頂き、レーザーを当てます。

 

わたしはお肌が敏感なので、痛みはありましたね。
中には痛くないと感じる方もいると聞くので、そこらへんは個人差かなと思います。

 

照射した後は赤くなり、幹部に対する薬も頂きまして、3日ほどで元通りになりました。

 

気になる価格は1年ほど(計6回)通い40万弱でした。

 

結果はの感想はやってよかったというのが一番です。
なにより毎日の手入れが簡単になりました。
高額ですが悩んでいる方はお勧めします。

 

いやー、この方は全身脱毛で40万円もかかってしまったんですね。
今時の医療脱毛はどんどん安くなっていますから、そんなにかかりませんよ( *´艸`)

 

わたしがオススメしているミセルクリニックなら、5回コースで198000円(税抜)です!