効能重視なら、やっぱり医療レーザーで決まり。

悩んでいる女性

医療脱毛は、サロンで受けられる脱毛と比べると、基本的に効能がより大きくなりますね。

 

だから、1回あたりの施術での効果が大きいと言え、最終的に通う回数というのが少なくできるのです。

 

医療では主にレーザーを使います。
一方、サロンではレーザーは使えず、フラッシュが主流です。

 

そういう違いが効果の程度の違いを生み、必要な回数の違いを生むということになっているので、早く済ましたいと思っている人ほど、医療脱毛の方が向いていると言えますよ。

 

ただ、そういう施術の効果が大きい分、痛みが強くなる傾向があるため、デメリットが一切ないということではないので頭に入れておきましょう。

 

フラッシュと比べて痛みが出やすい方法なので、早く終わるメリットはあるけど、施術中に痛みを覚える確率は高くなります。

 

麻酔完備なら痛みが出ないでしょうけど、注射をしないといけないので、そこで結局痛みはあるので、医療脱毛を考えている人は知っておきましょうね。

 

VIOには麻酔は必須かも?わたしは使わなかったけれど…

医療脱毛をするときには部位によって、痛みの程度が変わるという認識が必要です。

 

一般的には皮膚が薄いところほど痛みが強くなるということが言われているのですが、女性だとVIOは激痛を伴います。

 

医療レーザーはどの部位に使っても、一定の痛みはありますが、我慢できる痛みとそうじゃない痛みがある可能性も。

 

VIO脱毛は、全身の中でも特に痛いので、あらかじめ頭に入れておきましょう。

 

我慢できる人もいますが、そうじゃない人もいますから、本当に痛くてしょうがないというときには麻酔を使うということも現実的に考えておきましょう。

 

VIO脱毛をする女性は多くいますけど、痛みをほぼ感じないでできる人は少ないはず。

 

VIO脱毛を検討するなら麻酔をあらかじめしたうえで臨んだ方が不安は小さくなると言えます。

 

永久脱毛の定義はなあに?

医療では永久脱毛できますが、脱毛サロンでは難しいです。
ただ、医療で受けられる永久脱毛の言葉の意味をきちんと理解しておかないといけません。

 

永久に毛が再生しないことを約束するのではなく、再び毛が生える見込みが残されています。

 

最後に受けた施術のときから1か月後に毛がどれくらい再生したか?を検証したときに「20%以下」が定義。

 

だから、8割毛が生えてこなくなれば、永久脱毛と言えてしまうということで、2割分はまた生えてくることがあるという認識が必要ですよ。

 

だから、苦労して永久脱毛を完了させても、もう一生ムダ毛とはサヨナラにならないケースもあるので、医療脱毛の利用前には絶対に知っておいた方が良いです。

 

永久脱毛は完璧な施術の概念ではないので、後でがっかりしないために先に詳しくなっておきましょうね。

 

私が医療脱毛をしたのは25歳のときです。

それまでは格安のエステ脱毛に通っていましたが、通う回数の多さや効果の低さにがっかりし、お金はかかるけど効果が早く出る方がいい!と医療脱毛することにしました。

 

施術したのは腕(手首〜肘)と足(足首〜ひざ)です。

 

実際施術する前にレーザーへの肌の反応を見るテストで一度病院に行き、問題がなければ後日 本格的に施術するという方式でした。

 

実際施術を受けた感想としては、とにかく痛かったです。
それまでエステ脱毛で味わった痛みとは比較にならず、思わず声が出るほどでした。

 

あまりに痛い時はレーザーの出力を下げてもらいましたが、やはり効果が高い方がいいと思いなるべく痛みに耐えるようにしました。

 

特に痛いのが毛の太いすねや、膝でした。

 

痛かった分効果は絶大

ムダ毛のない女性

一度レーザーを照射したあとは1ヶ月ほどムダ毛処理が不要なほど生えてきませんでした。

 

1ヶ月半〜2ヶ月ほどあけて、また生えてきたなーと思う頃にもう一度施術を受けに行き、結果3回の施術でほとんど毛は生えて来なくなりました。

 

その後8年ほど経ち、その間妊娠出産を経てホルモンバランスも変化しましたご変わらずムダ毛は生えてきません。

 

エステ脱毛でなく始めから医療脱毛にすればよかったなあと思っています。

 

医療レーザーは効果バツグン(*^_^*)

医療脱毛というのは効果が大きくなるという反面、肌に異常が発生するという確率も高いと言えるのです。

 

レーザーが強力なだけに効能バツグン。

 

けれど、それに伴う肌への負担も大きいため、医療を受けるときには肌トラブルを確実に回避することはできないと思っておきましょうね。

 

ただ、医療ではそういう事態をちゃんと想定してるので、万全のケアは大丈夫◎。

 

また、肌に異常が発生したときに行ってくれる対処に関しては、基本的に無料のところが多いですね。

 

だから、医療脱毛というのは脱毛サロンと比較した際の肌におけるリスクの大小で言えば大きいです。

 

しかしながら、そういうリスクが顕在化したときの対処に関して、全く心配することはないということが言えますよ。

 

万が一のときにおける備えは、やはり脱毛サロンよりも医療の方が万全なので、そういった部分も特徴として覚えておくと良いですね。

 

Vラインを脱毛してみたよ☆彡

渋谷のクリニックで、Vラインのレーザーを受けました。

 

初めてのV脱毛であり、レーザーもはじめてだったので、来院する前は緊張をしました。

 

ところが実際にカウンセリングと施術を終えてみて、あまりにもあっという間で、良い意味での拍子抜けです。

 

駅から近いビルのエスカレーターを上がって、ドアが開いたらそこはクリニックという、規模的にはとても狭い空間でした。

 

医師ではなく看護師がカウンセリングをしてく、5回もすればツルツルになりますよ、と断言。

 

結論から言うと、ホントに5回でツルツル!
でも1つだけ後悔してることが…。

 

メニューの中でVラインは細かく分かれていて、契約したのはVラインのサイドだけだったためです。

 

看護師が真ん中も契約に加えるかを聞いてくれたのに、断ってしまったため、Vラインのセンター部分はまだ毛が残っています。

 

クリニックでの脱毛は、恥ずかしいなんて思う隙を与えないほど、看護師の手際が良く脱毛は毎回スムーズでした。

 

 

サロンと違い、医療脱毛は医療処置ができます。

 

かつてはクリニックでの医療脱毛は費用が高い、痛みが出るなどのネガティブな面がありましたが、最近は痛みが出にくい蓄熱式の脱毛を取り入れるクリニックが出てきています。

 

またコスト面でも、サロンのように1回あたりの施術は安くても、数年の年月を要するとトータルではそれなに。

 

なので、6ヶ月〜1年で終わるクリニックのコストと、それほど違いがなくなってきました。

 

むしろ「スピーディで効能も出やすいクリニックの方がいい」という意見もひましに増えています。

 

医療脱毛をクリニックで受けるにあたり考慮したいこと

そのクリニックでの評判、費用、立地つまり通いやすいかどうか、どんなコースが揃っているのか、そうしたことを公式ホームページあるいは比較サイト、また口コミなどで徹底的に調べてクリニック選びができます。