医療脱毛が痛い

医療脱毛というのは脱毛サロン以上の効果を持つということは一般的によく知られていることだと思います。

 

それはクリニックというのは、レーザーで脱毛をしていくためであり、それによって脱毛威力はより大きくなります。

 

しかし、効果が大きくなるということはそれだけ痛みも比例して大きくなってしまうということにもなり、そこも含めて知っている人が多いと思います。

 

だから、脱毛それ自体に満足しやすいですが、「だからといって痛いのムリ(>_<)」と医療脱毛を避けようとしていませんか?

 

痛みが大きいというのは確かにデメリットにはなるので、そういう気持ちになること自体はしょうがないかもしれませんが。

 

でも、医療脱毛というのは医療機関であること忘れてはいけないのです。
つまり、脱毛サロンにはない設備や用意などが配置されているので、その中には麻酔もちゃんとあります。

 

麻酔を使うことで痛みを軽減し、苦痛を感じずに脱毛ができるので、痛みに関する不安を覚える必要もないということになります。

 

やっぱり医療資格をもった人が安心

医療脱毛というのは医療機関で行う脱毛になりますから、施術を担当する人間は医療資格を持っています。
これがサロンにはない部分、異なる箇所と言えますね。

 

脱毛サロンはそういった資格を持っていないことがほとんどですから、できる施術は限られているというデメリットがあります。

 

しかし、クリニック脱毛では医療資格を有する人が実際に照射するするために、より高機能なマシンを使うことができたりと、施術に幅が広がるのです。

 

医療資格を持っているからこそ、そういうメリットが医療脱毛において生まれると言えますが、医療資格があるということはさらに別のメリットも生むことになります。

 

それは医療に関する知識が豊富ということで、万が一の状況があったときに、適切な処置をすることができ、問題が大きくなることを防いでくれるということです。

 

そんな事態になることは滅多にないとはいえ、なったときを考えておくことは重要だと言えるので、医療脱毛のメリットとして覚えておくと良いでしょう。

 

蓄熱式のソプラノ脱毛機のクリニックに通ってます( *´艸`)

私はムダ毛が太くて量が多いのが悩みです。
長年剃刀の処理を続けましたが、肌を切ってしまったりカミソリ負けになってしまう事もありました。

 

また毛穴が開いてきて目立つ様になり、黒いポツポツまで出来てしまったので困っていました。
友人に誘われて脱毛サロンの安価なキャンペーンにしばらく通っていましたが、なんど脱毛機をあてて貰っても毛が抜けずにやめてしまいました。

 

やはり私の剛毛は、医療脱毛の出力の強い脱毛機を使用しなければだめだと思いました。

 

けれども施術が痛そうです。
そんなときにほとんど痛みがないという、蓄熱式の脱毛マシンを導入しているクリニックに通い始めました。

 

ソプラノという脱毛機を使用しているクリニックです。
ソプラノで施術して貰ったら、熱いという程度で痛みを感じる事はなく、痛みに弱い私でも麻酔なしで施術を受ける事が出来ました。

 

1回の施術で毛の伸び加減が遅くなり、4回の施術でツルツルになれました。

 

クリニックの脱毛はホントに痛いのか考えてみた。

クリニック脱毛はサロンやエステより痛いと聞きます。
本当に医療脱毛は痛いのかどうか説明します。

 

まず医療脱毛をする箇所は痛い部分と痛みが少ない部分があります。
基本的に医療脱毛はメラニンのところを照射をし、焼いていきます。

 

焼くときに圧力や力が加わると痛いし、デリケートなところほど痛くなります。
デリケートなところから遠いと痛みは少なくなります。

 

さらに脱毛サロンや脱毛エステとは脱毛器の種類や圧力が若干違います。
医療脱毛は脱毛に専念するため、専用の機械を使ってしっかり除去し、圧力が加わるものを使います。

 

一方サロンの脱毛器は、クリニックに比べ出力がかなり低く抑えられています。
担当のスタッフが医療資格を持っていないからですね。

 

だから医療脱毛の方が若干痛みが高く、場所によっても痛みの度合いが違います。
だから心配だという人もいるかもしれませんが、医療脱毛は麻酔をするところもあるし、痛みをなるべく出さないようにも研究を重ねています。

 

永久脱毛したいなら医療脱毛でしょうし、その分しっかりとした脱毛器による照射が現場で必要です。

 

わたしのオススメは「ミセルクリニック」ですよ(≧▽≦)

 

施術後にするべきお肌ケア

医療脱毛の施術を受けた当日には、ちょっとしたことに気をつけないといけません。
肌が超敏感になっていますから、注意点を守らないと肌トラブルが起きやすくなってしまいますね。

 

脱毛直後は熱が毛穴にこもった状態で、肌のほてりがあります。
肌の沈静化ケアはしてくれますが、十分でない場合もありますね。

 

帰宅して肌がまだほてっているようなら、自分でも冷やしてあげるようにしましょう。

 

毛穴や肌が熱で温まった状態だと、当然肌の水分が蒸発して乾燥してしまいます。
乾燥はあらゆるお肌に悪影響を与える元凶ですから、しっかり保湿しないといけません。

 

ローションで水分をたっぷりひたひたになるまで与えて、クリームやジェルで潤いを閉じ込めるのがベストですね。

 

肌を落ち着かせるためにも、施術当日は体温が上がるようなことはNGです。
湯船への入浴やサウナなどは禁止ですし、スポーツや運動もやらない方が無難です。

 

アルコールも血管を広げて体温を上げてしまいますから、脱毛した日はお酒は飲まないに限ります。

 

クリニック脱毛のケアのやり方

医療脱毛では使っているマシンの効力が特に優れています。
だから、脱毛効果は満足のいくものになることが多いですが、それは肌へのダメージも実は大きくなっているのです。

 

そのことを前もって知っておかないといけないので、医療脱毛を利用するときには、肌をとにかく大切にいたわっていくという意識を持たないといけないのです。

 

脱毛サロンよりも確実に医療脱毛は肌に負担がかかっているので、ケアが相当重要と言えます。
そういった点についてはカウンセリングの中で話されているとは思いますし、クリニックの側でもケアをしてくれるでしょう。

 

ただ、帰宅後も自宅でのケアをしっかりとやらないと肌が荒れる、色素沈着が起きるなどの問題が発生するかもしれないのです。

 

特に気にすべきなのはお肌の乾燥です。
人によっては尋常じゃないくらいに脱毛をした箇所がカサカサになります。

 

だから、医療脱毛を受けた後の自宅でのケアにおいては本当に乾燥に対するものが重要で、医療脱毛を受けてからしばらくは患部の保湿をしっかりとやってほしいです。

 

徐々に乾燥の程度が和らいできますから、そういった状況が訪れるまでは保湿を常に続けていくということを忘れないでください。

 

どうして毛はまた生える?

クリニック脱毛だと、半永久的に体毛とはおさらばです( *´艸`)

 

でも、いくらセルフ処理はしつこく何度でも伸びてきますよね。
電動シェーバーなどで体毛の手当をしても、2〜3日もすれば毛の頭がピョコッと見えてくるでしょう。

 

では、なぜ医療脱毛は体毛が生えなくなるかというと、根元の部分に働きかけるからです。

 

それは球根をイメージすると分かりやすいですね。
チューリップなどの茎を排除しても、しばらくするとまた花を咲かせるでしょう。

 

なぜ生えてくるかというと、もちろん球根が残っているからです。
チューリップを生えなくする為には、球根ごと取り除く必要があります。

 

それで脱毛クリニックの場合は、その球根に対してダメージを与えてくれるのですね。
体毛の根元の部分では、細胞分裂も盛んです。

 

その根元に対して働きかけると、ちょうど球根にダメージを与えたような状態になり、しばらく体毛は生えなくなる訳です。
ちなみに大抵のクリニックではレーザーですが、熱でダメージを与えるクリニックもあるんですよ。