脱毛前の準備や注意点って何?マナーにも気をつけよう

女性なら誰でも一度は気になる無駄毛の悩み。
一昔前は高価で痛いというイメージだった脱毛ですが、いまでは安価で学生さんにも入りやすい雰囲気のところが急増中(^_-)-☆

 

しかし、初めて脱毛サロンに行く方にとっては準備や施術の流れなどなかなかイメージしづらいのではないでしょうか。
脱毛サロンに行く際の注意点やマナーについてお知らせします。

 

時間厳守!!

まず、基本的なこととして時間ギリギリや遅刻は厳禁!
ほとんどのサロンがそうですが、完全予約制となっているため、遅刻すると施術が受けられません。

 

そればかりか、1回分の施術がキャンセル扱いになってしまうこともあります。
施術時間の5〜10分前にはサロンへ行きましょう。

 

事前の自己処理が必要です

サロンによっては前日〜1週間前に自己処理を行う必要があります。
サロンによって異なるため、契約時や予約をとる際に確認しましょう。
背中やうなじなど、部位によっては自己処理不要の箇所もあります。

 

必ずトイレに行きましょう

サロンの中は熱に弱い精密機械を使うため、室温を低く設定されています。
施術しやすいよう薄着になり、トイレが近くなりがちです。

 

また部位によっては30〜60分前後かかるため、施術前に必ずトイレに行っておきましょう。

 

生理中・日焼けに注意

vioはもちろん、サロンによっては生理中は施術NGのところも。
これは、生理中の肌が普段より敏感になっており、かゆみや赤みが出やすくなるためです。

 

生理になってしまったときにはサロンに問い合わせ、施術を受けられるか確認するといいでしょう。

 

同様に、焼けてしまった肌は殊更過敏なので気を付けましょう。
サロンに連絡し、予約日時を変更してもらいましょう。

 

服装に注意しましょう

サロンでは施術しやすくするため、施術部位によっては着替えをします。

 

例えば、vioならば下着を脱いで紙パンツをはき、脇ならば、スカート・ズボンや下着はつけたまま、バスタオルを胸から下に巻いて施術をします。

 

そのため、ワンピースやつなぎの服は避けたほうが良いでしょう。

 

施術後は肌を温めない

施術後の肌はとても敏感になっています。
体が温まると赤みやかゆみが出やすくなるため、施術した日の入浴はシャワーで済ませ、激しい運動は避けましょう。

 

それでも赤みやかゆみ、発疹が出てしまったときにはサロンや近くの病院に相談をしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
注意点をしっかり抑え、脱毛サロンでつるつる、キラキラ輝くような美肌になりましょう。
私のおすすめサロンはミセルクリニックです。